物流業界に就職するメリット・デメリット

物流業界に就職するメリット・デメリット

物流現場で働くメリットはノウハウやスキルが身に付くことで、より大きなスケールの仕事が出来ることです。
日本だけではなく世界中の企業との取引を円滑に行い、企業間の懸け橋になることが出来るのがやりがいになります。
どんな世の中になっても必要とされる仕事です。
反面現在の物流は大きく変化の舵を取っている時代であり、人間主体の労働から人工知能やドローンによる仕分けや配達など、従来の仕事の姿が大幅に減ることが懸念されています。
物流業界でキャリアを築いていこうと思うならば、過渡期の現在は旧来の仕事の進め方と未来の取り組みを両方行わなければなりません。
物流業界はマネジメントをするよりも、AIを監督するための内容に移り変わりつつあるのです。
物流業界に携わるデメリットは特定の個人的なスキルは身に付かないことであり、現場的な作業ならばフォークリフトの運転やピッキングなどの平均的な仕事になってしまうことにあります。
キャリアアップするには汎用的過ぎるのです。

物流業界で働こうと考えている人への注意点

物流業界で働こうと考えている人も多いかもしれませんが、利点もあれば注意点もありますので、しっかりと検討してkらにしたほうが良いでしょう。
利点の一つは、インターネットを利用したネットショッピングの広まりもあって、個人的な物流は増加傾向にあり、それだけ物流業界全体も業績堅調だと言えることです。
実際、昔は宅配便などまれにしか利用しなかったけれども、最近は月に数個以上も届けてもらっているという人も多いに違いありません。
それを支えているのは物流業界の人です。
一方で、そのような人を見ていればある程度は分かるでしょうが、重い荷物を持ち運びすることが求められる肉体労働だということが挙げられます。
トラックとか機械が運んでくれるシーンも多いですが、その間のあちこちで結局は人力に頼っている部分はまだまだ大きいです。
また、トラックなどの運転手も同様にニーズが高い仕事ですが、これも長時間労働や不規則な労働の代表例とされることがあります。

物流業界に関する情報サイト
物流業界の仕事の特徴

現在は業界によって仕事の波に激しい変化があり、労働者比率のバランスの乱れが問題化しています。需要が飽和している業界から人手不足の業界への転向が進めば良いのですが、スキルとノウハウを必要としている場合も多くありミスマッチによって停滞していることが現状なのです。物流業界は人手不足が継続的に叫ばれていますが、業界の待遇が進歩していません。とくにドライバーの確保は各社急務になっているものの、給料が安いために人が集まらないのです。

Search