物流業界は人手不足?その原因とその解消方法は?仕事の特徴についても徹底解説

現在は業界によって仕事の波に激しい変化があり、労働者比率のバランスの乱れが問題化しています。
需要が飽和している業界から人手不足の業界への転向が進めば良いのですが、スキルとノウハウを必要としている場合も多くありミスマッチによって停滞していることが現状なのです。
物流業界は人手不足が継続的に叫ばれていますが、業界の待遇が進歩していません。
とくにドライバーの確保は各社急務になっているものの、給料が安いために人が集まらないのです。

物流業界は人手不足?その原因とその解消方法は?仕事の特徴についても徹底解説

物流業界の人出不足は深刻だと言われており、解消をするのはこれから10年後と言われています。
人工知能やロボットなどの導入が進むことで、物流に携わる労働者は管理や監督やメンテナンスなど、保全的な仕事をすることがメインになるのです。
それまでは物流業界の慢性的な人手不足は続くことが予想されており、現在は残業や効率化で何とか対応している状態になります。
業界の特徴として労働集約型の業界ですが、今後はIT化とAIかで資本集約型に徐々にチェンジしてゆくのです。

物流業界における人手不足の原因とその解消方法について

物流業界は好景気でも不況下でも変わらずに人出不足だと言われていますが、とくに運転手は慢性的に不足していると言われています。
以前に比べて給与体系が下がってしまったことや、業界全体で安全運航が徹底されたことで勤務時間の上限が決まったことなどにより賃金体系が下がったことも背景にあるのです。
さらに契機と連動した業界なので、不景気になった時のために安易に人を増やさないと言う原因もあります。
だから光景になると一気に人出不足が叫ばれるようになる循環であり、現在は非正規の派遣社員やアルバイトなども集まりにくい状況が続いているのです。
物流業界の課題は働く人たちに負担をかけずに経済活動をすることですが、現在は過当競争になっており人件費は企業活動のネックでもあります。
こうした人材が現場で足らない問題は効率化によって、ある程度は解消できますが根本の解決ではありません。
今後労働者の確保をするのは、賃金体系を含める社員の待遇改善が重要なのです。

物流業界における就職の難易度は?

物流業界の就職難易度は大手企業から中小企業までレベルの違いがありますが、企業によってはキャリアや新卒しか採用しない難しい企業もあるのが特徴です。
とくに物流の中でも改善施策を受注しており、システムを開発している関連企業は難関だと言われています。
物流業界は入れ替わりが激しい側面があり、激務の現場も少なくありません。
過去には学力よりも体力を重視されておりましたが、現在は効率化や前述した改善と結び付いていたり、海外との事業が多いので外国語に堪能であったり数値管理のために数字に強いことなども採用基準になっています。
しかし相変わらず激務で体力勝負な所はあり、とくに繁忙期ではその傾向が強いことが特徴になっているのです。
逆に有名大学の新卒でなくても業界が求めるマネジメント能力や、数値管理や運行管理などに強いスキルを持っていれば、中途でも難関企業に乳yさ出来るケースはあります。
現場主義であり折衝能力が高い物流業界人は、評価も低くはありません。

物流業界の平均的な給料はどのくらいなのか

物流業界の給料は幅がありますが、職務的に現場作業と管理業務では数百万円違うことも少なくありません。
管理業務は中間管理職を束ねるマネジメントを行わなければならず、力仕事はしませんが発注企業との契約を履行したり時にはひざを突き合わせて価格の交渉を粘り強く行う必要があります。
さらに現場作業を滞りなく行うために、現場マネージャーと意思疎通を行い作業員たちが働きやすいような仕組みを考えてゆく必要があるのです。
長時間労働になるために体力も必要で、披露した時でも冷静な判断力と数値管理を行うタフな役割になります。
現場の作業は力仕事でありますし、現場では正社員だけではなくアルバイトや派遣社員も働いているのが物流の特徴です。
社員は率先して働かなくてはなりません。
物流業界はテキパキと作業を進めるだけではなく、無駄を省きながらみんなが動きやすいように調整する能力が重要なのです。
こうして働いて平均の年収は400万円レベルから、管理職や所長レベルでは1000万円を越えることもあります。

物流業界の仕事内容はどんなものなのか

物流業界は荷物を保管し整理し必要に応じて出荷することで社会を循環させるシステムを担っており、製造業と小売り現場を結ぶ重要な役割になっています。
中で働く人は検品やピッキングを行う現場の担当者と、受注や発注などを担う管理事務職に分かれているのです。
その他には荷物を運ぶ役割の運転手と調整役のマネジメント職など、大手でも小規模な会社でも持っている役割は同じになります。
大きな会社では単独で職務を遂行していますが、小規模な会社では職務を兼務しているのです。
仕事内容的にはスムーズに安全に荷物を移動させることであり、現在ではキャンペーンなどでオマケを付けるような付加価値的な作業を請け負うこともあります。
物流業界では請負の仕事を3PLと言いますが、一般的な解釈では依頼した荷主に対して物流全般を請け負い包括して物流業務を受託し代行することを3PLと呼びます。
ノウハウを持った物流業者が受注することで、安全にコストを削減して職務を遂行するのです。

物流業界に関する情報サイト
物流業界の仕事の特徴

現在は業界によって仕事の波に激しい変化があり、労働者比率のバランスの乱れが問題化しています。需要が飽和している業界から人手不足の業界への転向が進めば良いのですが、スキルとノウハウを必要としている場合も多くありミスマッチによって停滞していることが現状なのです。物流業界は人手不足が継続的に叫ばれていますが、業界の待遇が進歩していません。とくにドライバーの確保は各社急務になっているものの、給料が安いために人が集まらないのです。

Search